|懐かしい顔が揃った。 昨夜

懐かしい顔が揃った。
昨夜、徳島市内のとあるお店でのことである。

主役は、今年3月までとある町の町長を務めていたT永氏。
元々フリーのライターだった。
ひょんな事から町議になり、ひょんな事から町長になった。
長続きしないだろうと思っていたが、どっこい逞しくやり遂げた。
さすが、取材で数々の修羅場をくぐり抜けてきただけのことはある。

彼の慰労会をやろう、と提案した元タウン誌社長S友氏の呼びかけで集まった面々。

マンションを探している方必見
初台ハイホーム(カドベヤ)| [リノベMansion×仲介手数料無料] 六 棒 株式会社


舞台は、何度か日記に登場した「山を知り尽くした男」Tちゃんのお店である。

僕が店に入った時、カウンターには既に主役が座って缶ビールを飲んでいた。
他には提案者のS友氏、建築デザイナーのN川氏、我が畏友カメラマンのK賀氏、そしてオジサンたちのアイドルYちゃん。

早速、ビールで乾杯する。と言っても何のセレモニーもない。
慰労会は、始まるともなく始まった。

実はこの日の慰労会には、もう一人主役がいた。
S友氏と一緒に、この集いを発案したT軒のオバちゃんである。
大病し暫く店を休んでいたが、再び店を開け娘さんと一緒にやっているという。

|取り敢えずDVD発売だけは早くしてもらいたい。

取り敢えずDVD発売だけは早くしてもらいたい。
最終公演じゃなくて、1番素敵な公演で撮ってもらいたい。
噂のSMティックな所は鞭振るうって言うじゃないですか。
鈴木ね、たっちゃんの鞭だったら受けられると思うの(真摯な顔で)
ルシエルをバンドメンバーと歌うとか…嗚呼聞きたいよう。
ってか普通のルシエルを音源にしてもらいたいんですが。
6人揃って、尚且つクリスマスVerとかじゃなくて。エクレールガーデン富士見ヶ丘仲介手数料無料でマンション探し。

テニヌ再放送見てるんですけど。未だ序盤なんですけど。
桜乃ちゃん可愛い…
し、しまった!此処でまさかのおにゃのこ萌えが!!
やってる事はストーキングって言うかお祖母様たるスミレ様の権力を良い事にリョーマ君と仲良くやってるって感じですが。
つーかコイツこそテニスやってねーだろって感じですが。
でも可愛いから良い。見た目と声的な意味で最上級だと思う。
其の後続けて見た銀魂で銀さん(の中の人)がピー音付きで雌豚って言ってて大変ときめいた。

|昨日のプリフェス(勿論札幌の)にG.J?

昨日のプリフェス(勿論札幌の)にG.J?さん来てるってどういう事!?。

知ってたら物凄い体調不良真っ最中の此の体引き摺ってでも行ったわよ!!。

あたくし生憎ながら巨乳属性はほぼ0ですけどねぇ。

(皆無とは言わない。偶に目覚める事も有る/でもどっちかってぇと。

乳絵師さんは苦手なんだ…ロリ絵師さんが好きって断言する程でもないけど…)。センチュリー巣鴨

あそこの絵師さんは凄い好きなんだよ!。

塗りとの相性も良いし…って思ったら何か原画マンになるよって。

タイトルのエロゲ出すっぽい!なまら気になるべや!!(北海道弁)。

描きおろし絵のおねーさんタイプがドツボ過ぎる…出来れば熟女さんも。

髪黒くして少女→姉→熟女と成長しましたっぽくしてくれれば良かったのに!。

否、成長するに従って髪の毛を染めたと妄想すれば…嗚呼面白そう、こういうの。。

|KAT−TUNのUこと上田竜也さん

KAT−TUNのUこと上田竜也さん、お誕生日おめでとうございます。。

1行だけでも書く事で!某サイト日記ランキングに入れようという試み!!。

あんなにきゃわゆいたっちゃんなのに、もう26歳ですか。。

そんな風に成長したいものです。。

サトウと彼の共通点は前髪縛ってオデコ出してる所位しか有りません。。

前髪伸びちゃったのでそろそろ切ろうと思います。。

今日の日記も画像パーティーだよー!。

日曜日だからってのんびり起きてた人の朝ご飯時間かしら。。クレール御殿山(ダイキボ)の物件概要

其れとも早いけれどお昼ご飯の準備をする時間帯かもしれない。。

どちらにしても、今回は飲食物って言ってもタイトル通り飲み物です。。

フレッシュネスの飲み物です。。

サトウが1番好きなファーストフード店、フレッシュネス。。

2番目に好きなのはウェンディーズかもしれない。北海道に無いけど。。

そんなフレッシュネスで沢山飲んだので写メうpっちゃうよー。

今飲んでるのはコーラスウォーターのピーチですけどね。。

|全編を通じて技巧の限りを尽くした達意の名文にうならされる。

全編を通じて技巧の限りを尽くした達意の名文にうならされる。
まずは奇妙なタイトルで戸惑うが、この本は50肩に悩む著者が実際に中国に旅行して按摩をしてもらう話、でもある。

しかし著者が出かけるのは中国だけではない。「肩が痛い」とこぼしながらサイゴンやニューヨークにも足を運び、NYではなんと滞在中に9.11同時テロ事件に遭遇する。築地ハイツは駅近の物件ですか?
チャイナタウン近辺のユダヤ人たちと水を得た魚のように付き合う作者は、さながら国産のウディ・アレンのようである。

インドで黄疸で死にかけたこともある著者は、かつてべトコンのテト攻勢に巻き込まれて九死に一生を得たベトナムを30年ぶりに再訪する。そして思い出の土地をさまよいながらその地で知った旧友の消息を訪ね歩くのだが、読者はその執拗な探究心にいささか辟易しつつも、この旺盛な探究心こそが著者のレーゾン・デートルであることを知るだろう。それはワールドトレードセンターの崩壊直後も現場に肉薄する野次馬根性にも共通する著者の「さが」である。