|結構じわ〜っと根強い人気の映画「桐島

結構じわ〜っと根強い人気の映画「桐島、部活やめるってよ」を観に行った。
高校生活のヒエラルキーとその閉塞感を描いていて、最近の映画にしては珍しく説明セリフもなく映像と演技のみで感情が充分伝わるものだ。
と同時に気になるとこも多く再見をしたくなるような内容でもある。
ところで先週の某週刊誌のコラムに「桐島」のこと出ていたけど、ちょっと焦点がずれている気がする。

日曜はオペラを観に上野へ。に引っ越しを決意しました。
このマンションを見に行きましょう。
やはり毎年秋になるとクラシックの公演が目白押しとなり、うれしくなって来ます。

ウィーン国立歌劇場「サロメ」 @ 東京文化会館

5年ぶりのウィーン国立の来日公演。
でも音楽監督のウェルザー=メストが先週腕をケガして来日中止。
代振りは「フィガロの結婚」でも指揮するシュナイダーでドイツものに定評のある指揮者だから心配はいらなそう。
開演前に総裁のメイヤーから指揮者交代のお詫びがあったけど
6月にウィーンで観たウェルザー=メスト指揮の「ドン・カルロ」が素晴らしかっただけにウェルザー=メストで聴きたかったな。