白熱した戦いでした。

白熱した戦いでした。

徳島は、序盤からチャンスを幾つか作り愛媛ゴールを脅かしました。

対する愛媛も、序盤多くボールを回し、徳島ゴールを脅かしました。

試合運びからして、きっと1点勝負になるやろと思いました。

が、結果としては0?0のドロー。

負けて勝ち点が得られないよりかは、ドローで勝ち点1を積み上げてまだヨシかなって思いました。

ただ1つ気になったこと。

試合後選手・スタッフが挨拶でスタンドに近寄るんですけど、その時に一部徳島サポーターからブーイングが出てました。

昨日の試合内容で、あのブーイングは必要やったのだろうか。
ゾンネンハイム北砂みたいなお部屋に住みたいです。

確かに今年の徳島は好調です。

開幕4連勝もし、J1昇格に期待の掛かる年やと思います。

その中で、今節は四国ダービーです。

サポーターも熱くなるのは分かります。

試合も大敗を喫したわけでもなく、得点こそなくとも内容は悪くないと思います。

その中でのブーイング・・・選手・スタッフはどう思ったのだろう。

熱くなるのはクラブを成長させるのに必要やと思います。

しかし、それが行き過ぎると、選手・スタッフとサポーターの間に亀裂が入らないか。。

時に暖かい程度の目線も必要やと思います。